• <output id="3cpul"><font id="3cpul"><nobr id="3cpul"></nobr></font></output>
        1. <dl id="3cpul"><ins id="3cpul"></ins></dl>

        2. <dl id="3cpul"><ins id="3cpul"></ins></dl>
          <output id="3cpul"><font id="3cpul"></font></output>
        3. <dl id="3cpul"><ins id="3cpul"></ins></dl>

            日本経済新聞 関連サイト

            ようこそ ゲスト様

            日経 Gooday

            ホーム  > からだケア  > あの人のカラダマネジメント術  > TRF SAMさん 57歳で若者に負けない動きができる理由
            印刷

            あの人のカラダマネジメント術

            TRF SAMさん 57歳で若者に負けない動きができる理由

            カリスマダンサーのカラダマネジメント術(1)

             高島三幸=ライター

            1993年のTRFのメジャーデビューから大舞台で踊り続けてきたSAMさん。2019年1月で57歳になったが、今もステージ上で“キレキレ”のダン?#24037;?#25259;露?#24037;搿¥勝?#20170;でも若者に負けない動きができるのか。その秘密は、自身で考案した「ストレッチ?#24037;摔ⅳ毪趣いΑ?

            50代後半の今もキレのあるダン?#24037;?#20154;々を魅了?#24037;隩RFのSAMさん
            [画像のクリックで拡大表示]

            SAMさんは50代後半とは思えないほど、今でもキレのあるダン?#24037;?#25259;露されています。ご自身の著書『年齢に負けない「動ける体?#24037;韋膜攴健護扦稀?#36362;れる秘訣として「ストレッチ?#24037;?#25369;げていらっしゃいま?#24037;?#26132;からストレッチを重要視されていたので?#24037;?/p>

            「ストレッチは柔軟性を高めるだけでなく、体の根幹を強くしてくれます」
            [画像のクリックで拡大表示]

             ストレッチさえ続けていれば、高齢でも動ける体でいられる?#20154;激Δ瑜Δ摔勝盲郡韋稀?#20693;自身が50歳を超えてからだ?#20154;激い蓼埂?

             僕がダン?#24037;?#30495;剣に始めたのは、17歳の頃でした。独学でストリートダン?#24037;?#32244;習してい?#24247;?#26178;は、体や運動に関?#24037;?#30693;識がなく、ストレッチも今ほど重要だ?#20154;激盲皮い蓼護螭扦筏俊%昆螗旦`なら体が柔らかくなければいけないぐらいの考えで、テレビを見ながら開脚?#24037;毪挨槨ぁ?

             その考えが覆ったのが、23歳のときでした。本格的?#34928;昆螗工?#21193;強したい?#20154;激盲匹弗慳亥昆螗?#25945;室に通い始めたとき、レッスン前に、ウォームアップやストレッチだけの時間が設けられ、ダンサーたちが何のために体のこの部位を伸ば?#24037;韋趣いΔ長趣?#32771;えながらストレッチしているのを知りました。ストレッチに対?#24037;?#24847;識の高さ?#34928;毳隸悌`ショックを受けました。

             その後、?#34928;濠`ヨークに1年間ダンス留学したときも、ストレッチを専門にしたクラ?#24037;ⅳ轆蓼筏俊?#23517;そべってゆっくりと筋肉を伸ばす動作により、実はインナーマッスルも鍛えられるなど、ストレッチの奥深さを学ぶと同時に、ストレッチがいかに踊るために大事なのかも知りました。そんな経験を通じて、踊る前にはストレッチの時間を必ず設けるようになりました。

            ストレッチの3つのメリット

            ストレッチを習慣化?#24037;毳幞轔氓趣?#20309;で?#24037;?/p>

             ストレッチの大きなメリットは、体を伸ばしてほぐ?#24037;長取?#26580;軟性を得られることで?#24037;?#24180;々、僕の中でのストレッチの概念が進化していき、今は柔軟性を高めるだけでなく、しなやかで体の根幹が強くなるような体づくりの?#30011;hとして捉えています。

             1つ目は「自分の体の異変に気づいてメンテナン?#24037;扦搿工長趣扦埂?#23450;期的?#34928;攻去欹氓瀝頦筏皮い毪取?#36949;和感や痛みなどちょっとした変化を敏感に察知できるようになります。「今日はなんだか関節が詰まっているから、ゆっくり伸ばしてほぐそう」「ケアをしっかりしよう」「痛みを感じるから、レッスンの後?#34928;蕙氓旦`ジをしてもらおう?#24037;勝嗓趣い?#26089;く気づき、ケガや不調を防ぐこともできる。特に年齢を重ねると回復力も衰えま?#24037;欏?#20307;の状態を確認?#24037;?#26178;間を定期的に作って整えることは、大事だ?#20154;激い蓼埂?

            1/2 page

            最後へ

            次へ

            RELATED ARTICLES関連?#24037;?#35352;事

            からだケアカテゴリの記事

            カテゴリ記事をもっと見る

            FEATURES of THEMEテーマ別特集

            • 「股関節?#24037;?#20840;身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右?#24037;?/em>

              自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷?#24037;丹欷皮い?#38306;節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力?#24037;?#32173;持に重要となってくる。本特集では、股関節?#20301;?#30990;知識から健康の保ち方までを一挙に紹介?#24037;搿?/p>

            • 「糖尿病?#24037;?#20104;備群のうちに手を打つ

              話題の「食後高血糖?#24037;洹?#34880;糖値スパイク?#24037;盲疲?気になる最新情報を総まとめ

            • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

              年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラ?#24037;搿ⅳ瑜?#30496;れないという症状が表れる。こうした状態を放っておく?#21462;?#36523;体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

            テーマ別特集をもっと見る

            スポーツ?エクササイズSPORTS

            記事一覧をもっと見る

            ダイエット?食生活DIETARY HABITS

            記事一覧をもっと見る

            からだケアBODY CARE

            記事一覧をもっと見る

            医療?予防MEDICAL CARE

            記事一覧をもっと見る

            「日経Goodayマイドクター会員(有料)?#24037;?#20250;員登録?#24037;毪?..

            • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事が?#24037;伽?#35501;める!
            • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
            • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

            お知らせINFORMATION

            SNS

            日経グッデイをフォローして、
            最新情報をチェック!

            RSS

            人気記事ランキングRANKING

            • 現在
            • 週間
            • 月間

            NIKKEICopyright ? 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.

            上海快3彩票控票
          1. <output id="3cpul"><font id="3cpul"><nobr id="3cpul"></nobr></font></output>
                1. <dl id="3cpul"><ins id="3cpul"></ins></dl>

                2. <dl id="3cpul"><ins id="3cpul"></ins></dl>
                  <output id="3cpul"><font id="3cpul"></font></output>
                3. <dl id="3cpul"><ins id="3cpul"></ins></dl>

                  1. <output id="3cpul"><font id="3cpul"><nobr id="3cpul"></nobr></font></output>
                        1. <dl id="3cpul"><ins id="3cpul"></ins></dl>

                        2. <dl id="3cpul"><ins id="3cpul"></ins></dl>
                          <output id="3cpul"><font id="3cpul"></font></output>
                        3. <dl id="3cpul"><ins id="3cpul"></ins></dl>